食育の原点。お弁当は、子どもの自立心も育む"ソウルフード"!

Choice

「子どもの好き」が最大のモチベーション!な国際派子育て

名前
佐久間麗安 / Rena Sakuma
家族
4人 (10歳男の子と8歳女の子)
所在地
東京都
お仕事
Bright Choice編集長
URL
Rena Sakuma Instagram

食育に欠かせないお弁当。インターナショナルスクールには、給食がありません。7年前に息子を公立の保育園からプリスクールに転入させた頃、私のお弁当作りがスタートしました。今ではランチボックスのケータリングをオーダーすることもできますが、当時はあまりサービスが充実しておらず、離乳食期から保育園の給食に甘えっぱなしだった私は、毎朝のお弁当準備に苦労しました・・。

お弁当作りで大事にしてきたことは、食のバランスだけでなく、頑張る子どもたちへの"ママのエールも詰める"こと。食を通して、身体だけでなく、"自立心"も育てたいという、私なりの"食育"の形なのかもしれません。自然や食材の1つ1つに心によせる茶道の先生だった祖母の影響もあって、1つ1つ丁寧に心を込めて詰めます。(私の母はアメリカ人なのですが、実は祖母は日本の文化人でした)

息子も娘も、3歳までは日本の公立の保育園に通っていたため、初めてのインターナショナルスクールではかなりのカルチャーショックを受けたようで、毎朝教室で「置いてかないで~」と、泣きわめく日々でした。日本の保育園よりもずっと自由なインターナショナルスクールのプリスクール。3歳クラスはカオスにすら見えました(笑)。幼いなりに、自立心をもち、自己主張の強いクラスメイトたちに自分の意思をアピールしていかなければならないから、それは大変だったと思います。

「せめてランチタイムだけでも"ほっ" とさせてあげたい。」
2人のプリスクール入学当初はそう思って、息子の好きなとうもろこしや、娘の好物のから揚げをお弁当に入れました。お迎え時に先生から「ママのから揚げ弁当を嬉しそうに食べていた」と聞いて、私も"ほっ"としたのを覚えています。

いまでも、お弁当は子どもの自立を育む"ソウルフード"であってほしい。我が家は和食中心のわっぱ弁当が基本で、おにぎりやから揚げ、和風ハンバーグなど、子どもたちも安心する"ほっこり弁当"にするよう、心掛けています。

最近では、息子のテニスの試合や練習のため、週末もお弁当を作ることが増えました。手作りのおにぎりや海苔巻きで、緊張感ある試合の合間でも気持ちを落ち着かせてあげたいと思って持たせています。

また、外出自粛の休校期間は、自分でおにぎりを作ったり、タコウィンナーを焼いてみたり、お弁当のお気に入りメニューが"食育の原点"にもなっています。

お弁当作りは面倒だけど、子どもが頑張る心の土台の1つになったらうれしい。
子どもが自立するまでは、頑張ろう 笑。

       
  • プリスクールの先生から送られる笑顔の写真を見てひと安心。

  • お茶の先生のお弁当。私のお弁当は、祖母から受け継いだ茶道の心得が原点。

  • ごはんが美味しく感じられるわっぱ弁当。

          
  • 日曜日のお弁当。

  • 朝のお弁当作りは段取りが命。いつか食育にも活かしたい。

  • ”ほっこり安心”できるお弁当を心掛けています。

   
  • 娘がプリスクールに通い始めたころの写真。朝の教室では大泣きだったけど、休み時間の公園では笑顔で遊べていたんだなと、ほっとひと安心したのを思い出します。

  •    
  • 懐石料理の原点でもある茶道。自然の草木花や食材に心を寄せた、季節折々の茶事が催されます。いつかの茶事で頂いた先生お手製のお弁当。私はおかずやごはんを盛りつけました。季節感や彩りのバランスを配慮した心のこもったお弁当は、美味しさだけでなく、先生の真心も身に沁みます。

  •    
  • 我が家はわっぱ弁当が基本です。わっぱのお弁当箱は、お米が美味しく感じられるそう。照り焼きチキン弁当は我が家の定番の1つ。糖質とタンパク質のバランスも良いので、兄妹共に午後にテニスの練習のある日は十分なエネルギーになって安心です。

  •   
  • 息子は、朝8時から朝練をこなし、夕方には試合があることが多い日曜日。お米は消化されると脳と筋肉のエネルギー源であるブドウ糖に変化するから、頭と身体を同時に使うテニスにぴったり。おにぎりや海苔巻きは、試合や練習の合間に口にできるのでちょうど良い。

  •    
  • 早起きしても、絶対大忙しになる朝。なるべく落ち着いてお弁当を詰めるためには、段取りが命。お茶事の懐石料理の準備で身についた”段取り術”をお弁当作りにも活かして、テキパキ終わらせます。食事の準備に欠かせない”段取り術”は、食育を通して子どもに伝えたいライフスキルの1つ。

  •    
  • “ほっこり安心”するごはんって美味しく感じられるもの。冬はサーモスも使って。この日は作り置きのクリームシチュウのお弁当でした。