自然体験や社会体験!子どもの多様な経験を得られる教育活動6選

Choice

体験学習ができる関東の教室

家族
小学生(子どもの対象年齢)

いま海外でも注目されている、社会性と感情の学習(SEL:Social Emotional Learning〈対人関係能力育成〉)。

普段の環境から一歩抜け出し、多様な環境で様々な経験を積むことで、子どもの社会性や自立心、問題解決能力などが養われます。

自然体験やボランティアなど、身体を動かしながらの活動の中で持った興味や疑問は、子どもの感性や学習意欲も刺激するはず。

また、地域やコミュニティを超えた初対面の大人たちや子どもたちとのグループ活動への参加は、協調性やリーダーシップを身につけるチャンス。年齢や居住地域を越えた交流は、子どもの価値観を広げる手助けにもなりそう。

今回は、子どものSEL(対人関係能力育成)にも役立つ、多様な体験学習ができる関東エリアの教室や教育活動をご紹介します。多様な社会を通して、子どもの個性を育てる色々な経験をさせてあげてみて。

〈掲載情報〉
1.東京YMCA 野外グループ活動(東京)
2.ボーイスカウト(全国。HPよりお近くの団をお探しください)
3.夢職人 キッズクラブ(東京)
4.トムソーヤクラブ(全国複数か所からツアー出発地を選べます)
5.NPO法人国際自然大学校(東京・甲府)
6.けやの森自然塾(狭山・日高)

※教室名・団体名につづく(地名)は、活動時の主な集合場所です。

       
  • 東京YMCA 野外グループ活動(東京)

  • ボーイスカウト(全国。HPよりお近くの団をお探しください)

  • 夢職人 キッズクラブ(東京)

          
  • トムソーヤクラブ(全国複数か所からツアー出発地を選べます)

  • NPO法人国際自然大学校(東京・甲府)

  • けやの森自然塾(狭山・日高)

  • 野外グループ活動(注1)は月に1度、日曜日に活動。自然豊かな場所で五感を使って思いっきり遊んだり、のんびり過ごしたり。学区を越えた仲間たちやボランティアリーダーの大学生と、互いに学びながら成長していけます。ちょっと特別な経験が、子どもの心を豊かに彩ってくれるはず!

  • 「なろう。一人前に。」をキャッチフレーズとしているボーイスカウト(注2)。キャンプやハイキング、社会奉仕活動等を通じて、自主性、協調性、社会性、リーダーシップが育まれます。異年齢のグループ活動で、各年代に合った貴重な経験が。体験入隊もあるのでお近くの団で参加してみては。

  • 首都圏40以上の市区町村から子どもが集うキッズクラブ(注3)。学年や地域を超えたグループ活動で、子ども同士が共に学び合えます。①野外活動・自然体験、②スポーツ・レクリエーション、③科学・文化・芸術活動、④社会体験・キャリア教育の4つのテーマを軸に通年多様な体験の機会が。

  • 日本旅行が企画運営するトムソーヤクラブ(注4)は、小・中学生対象の体験ツアーを開催。季節に合わせ、川遊びキャンプ、星空キャンプなど、子どもの好奇心を刺激する様々な自然体験ツアーが。初めて出会う仲間たちと共に大自然の中で過ごす経験は、子どもの視野を広げ自立心を育むはず。

  • 幼児から青少年を対象に自然体験活動を展開する国際自然大学校(注5)。東京近郊でのロングハイクや農村地域の山梨県日野春校でのキャンプ体験(火おこし体験や川遊び)など通年・単発のプログラムを実施。自然や人との関りの中で人生を前向きに生きる「アウトフィッター」を育てます。

  • 自然体験を通して生きる力を身につける「けやの森自然塾」(注6)。林の整備を通した森林環境教育や、ニジマスをつかみどり、さばいて食べる「命のめぐり」を考える源流キャンプなどのプログラムを実施。自然の中で仲間と工夫して活動することでコミュニケーション能力を育みます。