Withコロナで子ども達の環境も色々変化している中で親が思うこと

Choice

型にはあらない「オリジナルな子育て」

名前
鈴木六夏/RIkuka Suzuki
家族
4人+1匹(14歳の男の子と2歳の女の子、2歳の犬)
所在地
神奈川県
お仕事
モデル
URL
鈴木六夏 Official Instagram

世界的な感染症の流行。

始めの頃こそ一斉休校となり、息子も長期で自宅に戻っていましたが、一度学校へ戻ってからは帰省も出来ず、保護者の行き来も禁止。なかなか会うことができない状況になってしまいました。

学校に隔離され、徹底管理がされた状況の中で、少しづつ授業やサッカーの部活など出来るで、息子の気持ちを考えると親としては安堵の気持ちもありました。

その反面、出来る範囲では開催しているものもあるようですが、スポーツに燃えている少年少女たちには酷である様々な大会中止のニュースなどもあり、我が子に限らず、大会を目指して日々努力を重ねている子ども達のモチベーションがなくなってしまったり、頑張る事への虚無感が生まれてしまわないかと、親としては心配もしています。

そんな中、先日、サッカー部の監督が、今は見学も一切禁止されている私達保護者に向けて、練習試合の様子をオンラインで生中継してくださり、夫、私だけでなく、ジジババも携帯で息子の様子を観戦。家族のLINEでどれが息子だ!?今シュート決めたのは我が子じゃないのか!?とひとしきり盛り上がり、ステイホームしながらもとっても楽しかった数十分を過ごしました。結果、「僕その試合出てないよ」と息子からの一言に全員でズルッ!でしたが。笑

今の時代だからこその技術の進歩に改めて感謝しました。

夏休みは少し帰ってこられる予定。
今からソワソワ超楽しみで、「1日でも長く休ませてもらってよー」と言う私に本人は「いやいや無理。部活は休めません」とバッサリ(^--^:)毎日毎日練習しても、楽しくて楽しくて休みたくないんだと。

あぁ、自立して欲しい母とまだまだ一緒に遊びたい母、2人の自分の狭間でもどかしい。

       
  • 梨の木も育てています

  • 可愛い足跡♪

  • 早く夏よ来て!

          
  • もうすぐ3歳!の娘のmyブーム

  • ガーデニングに夢中

   
  • 先日、3年経った梨の木を庭に地植えしました。3年前、梨が食べたすぎてネットでポチったらなんと苗木が届いた(汗)という逸話つきの1本。笑

  •    
  • 自粛中にDIYをやりすぎてペンキ塗りがかなり上達したので
    先日実家のペンキ塗りを実施。そこを娘がピョン!足跡が!
    思い出に消さないで。というババの希望でこのままに♡

  •    
  • 梅雨の晴れ間に束の間の海で砂場遊び。今年は海遊び、どうなる事やらですが、少しでも子ども達が遊べる環境になる事を祈って。

  •   
  • 娘さんは絶賛、壁に落書きブーム。やめてくれー。

  •    
  • 引っ越し当初は枯れきっていた芝生も春から試行錯誤、やっと青々育ってきました。こまめに芝刈り機をかけて目指せパーフェクトな芝!

  •