いつもと違う冬休みに、お孫君たちとの海外旅行へ想いを馳せて

Choice

インスタグランマ内藤朝美が綴る、育児の想い出や孫との時間

名前
内藤朝美/Asami Naito
家族
3児のお孫さんのグランマ(7歳の男の子、2人の女の子)
所在地
東京都
お仕事
(株)ナイトーオートエンジニアリング副会長
URL
SAORI + ASAMI Instagram

インスタグランマ内藤朝美が綴る、育児の想い出や孫との時間】ここ十数年、年末から新年の間はイギリスで過ごしてきたバーバですが、2020年の年越しはステイホーム。
お出かけできない今だからこそ、おうちじかんを楽しみました。まずはプロジェクターで大好きなアーティストのライヴや『ある愛の詩』というクラシック映画を鑑賞。
それからクリスマスには、家族で集まって、お孫君が作ってくれたパフェを食べながら、想い出話とこれから行きたい場所についての話に盛り上がりました。

その昔、我が家では冬になると、雪山と東京を行ったり来たりが常でした。当時スキーに首ったけだったバーバの影響で、家族全員(ただし1名を除く)スキー漬け。
ついにはバーバの息子が、単独でフランスへ渡り、アルペン選手になったほど!そのため、当時「ボンジュール!」しか知らなかったバーバも、フランスに移り住んだこともあったのでした。

あれから約17年、バーバは寒くなると、あの景色あの時間を想い出すと言います。
そう、バーバが今いちばん行きたいところが、フランス・ティーニュ。たくさんのスキーリゾートがあるフランスの中でも、極めて素朴な町だけれど、我が家にとっては田舎の実家のような、やさしく、想い出がたくさん詰まった場所。

いつの日かもう一度、今度はお孫君たちと一緒にティーニュへ行くのが、バーバの夢のひとつです。2020年のクリスマスと年末、そして2021年お正月は、いつもと違う過ごし方でしたが、みんなが元気でいてくれることが、何より幸せだと感じる時間でした。

〈内藤朝美さん連載〉
インスタグランマ内藤朝美が綴る、育児の想い出や孫との時間

       
  • 華麗なシュプールを描く!

  • いつかまた訪れたい、ティーニュの風景

  • スキー三昧で過ごした、冬の想い出

          
  • ステイホームのこの冬は、おうちでパフェ屋さん

  • スキー場へ着ていきたい新作ジャケット

   
  • 大のスキー好きだった朝美バーバは、競技会に出るほどの腕前でした!

  •    
  • 移り住んだこともある想い出の地、フランス・ティーニュ。ここはヨーロッパでも最長のスキーシーズンを誇るリゾートです。

  •    
  • 子どもたちが小さかった頃は、冬はしょっちゅうスキーへ出かけていました。スキー大好きなバーバに、子どもたちも影響されて、その中のひとりはアルペンスキーの選手になるほどに!

  •   
  • 旅行はお預けのこの冬ですが、おうちじかんを家族で楽しんで。7歳お孫君たちと自作パフェをいただきました。

  •    
  • この冬手に入れた、お気に入りのダウンジャケットを着て、また家族でスキー場へ行く日を夢見るバーバです。

  •