小さなふたり姉妹が、ママになったわたしに教えてくれたこと

Choice

女優 野波麻帆、オシャレも遊びも満喫の家族時間

名前
野波麻帆 / Maho Nonami
家族
4人(8歳と5歳の女の子)
所在地
東京都
お仕事
女優、「himher」デザイナー
URL1
野波麻帆(@mahononami)Instagram
URL2
himher

女優 野波麻帆、オシャレも遊びも満喫の家族時間

この夏休み、娘達とずっと一緒にいる時間の中でふと、「あぁ大きくなったなぁ〜」と思う事が多々ありました。

長女は8歳。すっかり赤ちゃん感も抜けて少女に。5歳の次女はまだまだ幼いのですが、この夏休みでグッと成長したように感じます。

私が手助けしなくても自分でできる事が増えてきて、ちょっと手が離れてきた感じ。「赤ちゃんってこんなになんにも出来ないのねっ!!」と思っていた日々は、あっという間に過ぎ去っていってしまいました。


6年前、子育てをしていくうえで、当時2歳だった長女に教わったことが、私の中でしっかりと土台になり、いまでも日々助けられているひとつの言葉があります。

次女の出産を控え、明日から病院に入院するという夜。長女と2人寝る前のベッドの中で、大きいお腹をさすりながら色んな話をしました。まだ2歳だったのでどこまで理解できているかはわかりませんでしたが、これから「おねぇちゃん」になるという事、次にママがこの家に帰ってくるときは妹を連れて帰ってくる事、赤ちゃんと4人の生活がはじまる事、赤ちゃんは1人では生きれないからたくさん面倒を見てあげなくてはいけない事。今までパパとママを独り占めしていた長女が妹ができる事で、寂しい想いをさせる事はわかっていたので、家族として、チームとしてちゃんと理解してもらおうと話をしたのです。

「一緒に頑張ろうね! きっと楽しいよ! 大丈夫そう??」

と聞くと、うん、うん、とうなづいて話をずっと聞いていた長女は、ベッドの端からコロコロと転がり私に近づいて、

「ママ.........あいしてる?」

と、わたしに聞きました。

「もちろん!! 愛してるよ!!!」

と、ぎゅーーーーっと抱き締めると

「じゃぁ、だいじょうぶ」

と言ったのです。

その時に私は、どんな事があっても愛があれば、子ども達が愛を感じていれば、子育てはなんとかなるんだと2歳の彼女から教わりました。

ついつい自分の仕事が忙しかったり、なんだかいつもよりイライラしてしまって、そんなに怒らなくてもよかったよなぁ〜と子どもの寝顔を見ながら、ごめんねと反省し自分を責めて涙が溢れる日は、明日はたくさん笑顔でいよう! と決めるとともに、「大丈夫!! だって私はとにかく娘達を愛してるんだから!!」と自分に言ってみたりします。


母親だから、とか母親らしく、とか変な価値観やプライドはまったく必要なしという主義なので、次の日娘達に、

「ママ昨日言い過ぎた!! ごめんね!!」

と謝り、ぎゅーぎゅーとハグをするわたし。

いつか、ハイハイとあしらわれ、ハグもしてくれなくなっちゃうのかな?

あーーー寂しいっ、と小さく呟きながら成長を見守る夏は、あともう少しで終わります。

〈野波麻帆さん連載〉
女優 野波麻帆、オシャレも遊びも満喫の家族時間

       
  • ミルク

  • お姉ちゃん

  • 水族館

          
  • 夏休み

  • ふたり姉妹

  • 初めて妹にミルクをあげるお手伝い。

  • 長女2歳、次女0歳の頃。長女は、自分はおしゃぶりをしながらも、必死にお姉さんになった自分と戦っていました(笑)。

  • ある夏は水族館へ。別の水槽でもイルカが子ども達の前に寄ってきてずっと遊んでくれました。

  • 今年の夏は湖へ。毎日ふたりでSUPに乗って、湖上にお散歩へ。この後湖に飛び込んで飽きるまで遊んだ、湖三昧の夏休みでした。

  • いつでも一緒の姉妹。喧嘩もするけど、夏休み中は朝から晩までずっと一緒に遊んでいました。