大人の決めつけが、子ども達の心にフタをしてしまう!?

Choice

モデルSAWAが綴る、自由の中に軸をもったしなやかな育児

名前
SAWA
家族
4人(7歳と5歳の女の子)
所在地
東京都
お仕事
モデル、マザーズコーチングスクール認定講師
URL1
SAWA(@sawa_iam)Instagram
URL2
SAWA official

モデルSAWAが綴る、自由の中に軸をもったしなやかな育児

「うちの子は〇〇だからー」と、お友達のパパやママが口ずさむ台詞に、時々ふと違和感を感じることがありました。

例えば我が家でいうと、長女がよく言われる台詞に、「〇〇ちゃんは、優しいから大丈夫よー」があります。そして、次女がよく言われる台詞は、「〇〇ちゃんは、しっかりしているからみんなのリーダーだよね」。

親としては、もちろんどちらも嫌な気持ちになるはずのない、嬉しきお言葉。きっと娘達もそう言われる事が嬉しいに違いありません。

ただ意外にも、そんなふうに大人が無意識にしている会話は、気づかないうちに幼い子ども達の潜在意識に刷り込まれているのかも......と、感じるようになっていきました。今はなるべく、日常の自分の発言にもアンテナをはるように意識しています。それは、私自身セルフコーチングができるようになったことでの大きな変化の一つでもあります。子育ての場面において、《それまで意識できていなかったところを意識できるようになる》という事に繋がっていると実感しています。

また、セルフコーチングができるようになったことで得られた感情を、自分自身に置き換えてみると、モデルとして気づかぬうちに"SAWA"というイメージにそぐわない言動や行動ができなくなってしまっている事を知ることもできました。それまでどこかで、SAWAでない自分が現れたりすると、途端に躊躇したり、踏みとどまったりと、自分で自分に無意識にロックをかけてしまい、それが原因で自由に表現することにストップをかけてしまうことも。自身の行動の自由を奪ってしまっていたと、気づくこともできました。

どんな人も多かれ少なかれ、家庭や職場、身を置く環境や立場において、同じようなコトを無意識に抱えてしまっていることがあると思います。例えば、《親だから、上司だから、子どもだから......》。そんなことに縛られることで、行動や言動の自由を奪われてしまう経験があるのではないでしょうか?

そう思うと、娘たちは、いま言われて嬉しいお守りのような言葉に、いつかどこかの瞬間で苦しめられてしまう事もあるかもしれない......という視点を持つことを忘れずに、できるだけ毎日の子どもとの会話や表情の変化を気にかけるようにしています。言葉がけを繰り返すこと、娘たちとの対話を怠らないことで、オープンに話せる関係性を育めるよう努力し、その日々の積み重ねで、この先どこかのタイミングで、彼女たち自身が優しくない自分、頼りなく弱い自分に出会った時、その気持ちに蓋をしてしまうことなく、素直に言葉として表現したりできると信じて。

「子ども達は、学校という戦場で日々戦っている」と、耳にしたことがあります。我が家の姉妹や周りのお友達を見ていても、《学校という戦場》というフレーズがなぜかしっくりきてしまいます。毎日小さな体でがんばっている子ども達。親の私にまで気を遣わせてしまい、いずれ子ども達の心がパンクしてしまうなんてことにならないように、子ども達の心を解放し安心できる場所として、大切な軸を見失うことなく見守ることのできる母でありたいと思います。

「皆さんにとっての理想の母親とは?」と問われたとき、どういう母親、とお応えになられますか?
正解のない育児を心から楽しめると、より良い親子関係が育まれるのではないでしょうか。

〈SAWAさん連載〉
モデルSAWAが綴る、自由の中に軸をもったしなやかな育児

       
  • 我が家の姉妹

  • 20代のモデルSAWA

  • 現在のモデルSAWA

          
  • パパと娘たち

  • 子育てに大切な本

  • キッザニア東京で、お仕事体験。仲良しのふたりは、いつも一緒!

  • 自宅に飾った写真は、20代のモデルSAWAとしてのわたし。当時は海外で1日何本もの仕事をこなしていた時代。笑わないアジアンビューティなモデルを演じていた。

  • そして今! 仕事においても、内面から湧き出る自分らしさを表現できるように。柔らかな表情の中に芯を持つような、人にハッピーを与え共感を生むようなモデルに!(2021年 資生堂バイタルパーフェクション グローバルキャンペーンモデルとして活躍中)

  • 思春期でもパパが大好きなのは、パパも一緒にコーチングを学んだからか!?

  • 子育てに迷ったときの参考書、2冊。左の『子どもの自己肯定感が高まる天使の口ぐせ』白崎あゆみ著(マキノ出版刊)と、右のセルフコーチングのワーク本マザーズコーチングスクール監修)。