自立心を家族で育むおうち時間。不安ないまを「生きる力」に。

Choice

「子どもの好き」が最大のモチベーション!な国際派子育て

名前
佐久間麗安 / Rena Sakuma
家族
4人 (10歳男の子と8歳女の子)
所在地
東京都
お仕事
Bright Choice編集長
URL
Rena Sakuma Instagram

毎日家族4人揃っておうち時間を過ごしています。4人で3食を共にし、協力して家事をこなす日々。これまで週末のお出かけやたまの家族旅行が家族時間と思っていたけど、いままでなかった「一緒に生活する感覚」を味わっています。

これを機に、子どもたちには、いま本当に必要な「生きる力」をつけさせてあげたい。生活面では、「自主性を持って互いに協力し合う」練習を!勉強面では、「じぶんで考え、意見を述べる」訓練を!おうちが寺子屋状態です(笑)
「これからの生活どうなるのだろう」と不安になるいまこそ、「家族の暖かさ」を肌で感じ、じぶんたちの生き方に目を向けながら、これからを生きるエネルギーに変えたい。

学校と塾のオンライン授業で、私たち夫婦が大事にしていることは、「学ぶ姿勢」!算数でも作文でも、間違ってもいいから「じぶんの考えを整理して伝える」ことにフォーカス。それができたなら、点数なんて悪くてもいい。「学ぶ姿勢が今後を生きる姿勢につながる。」そう思って内面からお勉強を見てあげられるのは、親だけだと思うのです。
受験生の登竜門、東大を出た夫ですが、受験経験者が陥りがちな表面的な学力ではなく、内面から湧き出る「学ぶ意欲」がないと意味がないと、これを機に子どものために頑張っています。

普段は倦厭しがちな家事も、家族が生きていくために必要なこと。食事、片付け、掃除、洗濯など、4人で協力すると、'地に足をつけて' 「一緒に生きている感じ」がする。不思議と気持ちも落ち着くものです。

改めて思うのは、家族っていいなということ。きっと多くの家族がそうであるように、我が家では生活を回すため、どうしても「分業」になりがち。夫が仕事に、私が家事・育児に偏り、協力し合うことが難しい。勉強を疎かにできない小学4年生の息子も忙しくなり、家族の時間はますます少なくなりつつありました。いまは、夕食では家族の会話もはずみ、毎日ゲーム大会。毎日夕ご飯の時間が楽しいね、と子どもたち。

もちろん、この先しばらくは楽観視できません。(もともと心配性な私です)でも、思い返せば、夫と結婚した決め手は「この人となら、'知恵' と '勇気' を振り絞ってどんなピンチでも乗り越えられる」 と思えたこと。そんな人と築いた家族だから、一緒に乗り越えるしかないじゃない!いまこそ家族一致団結の時です。

       
  • 自立心につなげたい、息子の英語のライティング。

  • 食育の良い機会に。せっせとご飯作りを手伝う娘

  • 我が家の食育は、食器洗いまで。

          
  • 自主的にクリエイティブになっていく娘

  • 食育と自立心に意外と大事な、パパの料理。

  • 外出自粛中、がんばって盛り上げた娘のお誕生日会

   
  • 「ストーリーマウンテン」と呼ばれる、文章構成作りからスタート。学校では、読む人の興味を引くストーリー展開を教わります。こういう訓練こそ、将来大人になって必要となるコミュニケーション力と実践力につながる。シャイな息子の苦手分野なので、ここは私が隣に座って集中特訓!

  •    
  • この機会に食育を。息子はあまり食に興味がないので、食事作りの手伝いは娘の方が積極的。毎日3食準備するのも大変だから、この日は自家製ハムを焼いて簡単ランチ。子どももチャレンジできる簡単メニューで。

  •    
  • 毎日決められた時間割通りに過ごしている子どもたちの昼食時間は1時間。‛オンライン学校’での食育は、「食べて片付けるまで」がランチタイム!食事を済ませたら、2人で分担して食器洗い。生活面で協力できる良い機会になっています。これが、自立心にもつながると良いです。

  •   
  • 習い事もほとんどお休みになり、余暇が増えた娘は、意欲的に工作やお絵描きをするように。この日は突然、「ボーリングしたい!」と言い出し、家にあった紙コップでボーリングピンを作成!のんびりしたおうちじかんは、子どものクリエイティビティと実行力を掻き立ててくれるよう。

  •    
  • 食育や自立心に意外と有効だと気付いた、「パパの料理」。普段は夕食を共にすることのない夫も、晩ご飯の支度を。あまり時間はかけずに家にある簡単なものでも、パパと一緒だと子どもも準備に協力的に。この日は、茅乃舎のチキンライスに今旬の新玉ねぎの卵あんをのっけて季節も感じて。

  •    
  • 本当は大好きなお友達と一緒にお祝いしたかった娘の8歳のお誕生日。寂しそうにする娘のため、夫とサプライズでカラオケパーティを企画。当日は近所のスーパーで娘とバルーンとペーパーアイテムをセレクトして気分も上げて!夜更かしして準備した甲斐もあったか、娘も終日笑顔で一安心。