質の高い教育を皆に。上位中高一貫校の奨学金・特待生制度【共学編】

Choice

過熱する中学受験中高一貫校がトレンド化する中、教育費の負担も高まっています。

SDGsでも「質の高い教育をみんなに」という社会的なゴールが掲げられている一方で、教育格差の広がりは深刻化しつつあるのが実情。

そこでブライトチョイスでは、先月の男子校特集に続き、共学校で奨学金・特待生制度のある中高一貫校をご紹介します。今回は、グローバル教育、個性に応じた進路指導などが特長の難関・上位校6校を厳選。

中学受験の学校選びは偏差値に加え、校風のチェックも大切。

近年、大学入試が多様化し、高大接続改革プランを受けて、学力だけでなく課外活動に関する事など「人物評価」を軸とした推薦入試等が増加しているためです。

「人物評価」は学校生活の中で、子どもの個性が発揮されるところ。
偏差値だけに囚われず、個性や長所を楽しく伸ばせるように、校風や教育方針、得意分野が子どもの好みと合っている中学校を選び、環境を整えてあげたいですね。

そして、子どもの個性に合った教育を中高6年間しっかりと担保してあげたいと思うのが親心。

そこで、中高一貫の共学校の中でも人気のトップ校の奨学金・特待生制度をご紹介。誰もが知るトップ校にも、手厚い奨学金制度があるかもしれません。是非チェックしてみて。


※ 各校の奨学金・特待生制度詳細については、必ず学校HPにて内容をご確認ください。

〈掲載情報〉
1.渋谷教育学園幕張中学校・高等学校(千葉県千葉市)
2.渋谷教育学園渋谷中学高等学校(東京都渋谷区)
3.市川中学校・高等学校(千葉県市川市)
4.明治大学付属明治高等学校・中学校(東京都調布市)
5.開智日本橋中学・高等学校(東京都中央区)
6.明治大学付属中野八王子中学校・高等学校

       
  • 渋谷教育学園幕張中学校・高等学校(千葉県千葉市)

  • 渋谷教育学園渋谷中学高等学校(東京都渋谷区)

  • 市川中学校・高等学校(千葉県市川市)

          
  • 明治大学付属明治高等学校・中学校(東京都調布市)

  • 開智日本橋学園中学・高等学校(東京都中央区)

  • 明治大学付属中野八王子中学校・高等学校(東京都八王子市)

  • グローバル教育に力を入れている、渋谷教育学園幕張中学校・高等学校。教育目標は、自らの手で調べ、自らの頭で考える「自調自考」を掲げています。入学後に万が一、家計状況が急変した場合は「家計状況急変奨学金」が利用でき安心。中学校では全額または2/3の授業料が減免されます。

  • 学習設計図「シラバス」を活用する渋谷教育学園渋谷中学高等学校。国際社会で活躍できる力を伸ばす教育に取り組んでいます。入学試験の成績が優秀なら「特待生制度」を利用でき、入学金や授業料等の相当額が1年間奨学金として給付されます。その他、家計状況に応じた奨学生制度も利用可。

  • 「個性の尊重と自主自立」を教育方針とする市川中学校・高等学校。卒業後の大学進学にも力を入れており、国公立大等への現役合格者が多数輩出されています。第1回入試の成績が優秀であれば「特待生制度」を利用でき、成績に応じて入学金や授業料・施設費相当額の給付が受けられます。

  • 受験勉強に振り回されない、将来のキャリアも見据えた手厚い進路指導が特長。毎年40名前後の学生が参加する夏期海外語学研修などグローバル教育も充実。入学後の家計急変時のための「修学支援奨学金」は、授業料の相当額または1/2相当額が給付されます。

  • 探求型の学び、ICT教育、国際教育に力を入れる開智日本橋中学・高等学校。帰国子女にも人気の開智日本橋は国際バカロレア導入校。入学後の家計急変時には、「経済援助奨学金」を利用でき、授業料相当額の給付を受けることができます。

  • 内部進学に限らず、他大への進学対策や明治大学への推薦入学資格を持って、全国の国公立大学・省庁所管の7つの大学校の一般受験に挑める制度など、子どもの個性に応じた進路指導が特長。入学後、家計急変時は「中野学園奨学金」が利用可能。奨学金の給付または無利子貸与が受けられます。